10代、20代なのに顔のたるみが…原因は一体何?

10代、20代と言えば肌がつやつやとし、ハリも十分にある年代です。
アンチエイジングという言葉とは無縁に思われる世代ですが、顔のたるみが気になる人が増えているようです。

実際、10代、20代の顔のたるみは老化が原因ではなく、「スマホたるみ」という言葉があるように、スマホが原因です。
スマホを使っている時、どんな姿勢になっているか意識したことがあるでしょうか。

多くの人はスマホを使用している時は、首が前に傾き、座っている場合は背中も丸くなっています。
首が前に傾くと、顔の下の部分に負担がかかり、全体的に皮膚が下に引っ張られて垂れ下がったような状態になります。

このような状態が長く続けば、顔のたるみにつながることは明らかです。
また、スマホを触ったり見たりしている間は、顔の筋肉が動いていないので、顔の筋肉が凝り固まり、肌の弾力やツヤが失われる原因となります。

さらに、目にも負担がかかるので、目元を乾燥させ、たるみを引き起こします。
ですので、対策としては、スマホを使っている時に、時々自分の体に意識を向けることです。
姿勢が悪くなっていないか、顔が凝り固まっていないかなどをチェックすることで、顔のたるみにつながる要因を改善することができます。

また、オイルやクリームを塗り顔をマッサージすると、すでにたるんでしまった肌にも効果があるでしょう。

ブルドッグにはなりたくない!顔のたるみを防ぐためには

顔のたるみが深刻化すると、ブルドッグのような状態になってしまう事があります。

この状態になる事を予防する為に重要になってくるのが、顔のたるみを防ぐ事です。
たるみを改善したい、予防したいと考えた場合、肌の中のコラーゲンを守る事、表情筋を鍛える事が有効です。

肌の中のコラーゲンは加齢によって減少するだけでなく、紫外線によっても破壊されていく為、外出時は日焼け止めを塗る等、紫外線対策をしておく事が大切です。

更に、表情筋が衰えてきた場合も、顔はたるみやすくなります。
表情筋を鍛える為には、あいうえおを一文字ずつ、顔全体の筋肉を使いながらはっきりと発音していく、もしくは歯の表面を舌でなぞるようにしていく舌回し等のフェイスエクササイズが有効になります。

フェイスエクササイズはとても手軽に行えるので、毎日続けていく事で、表情筋を鍛え、顔がたるみにくい状態を作っていく事が出来ます。

顔のたるみの予防と改善にはコラーゲンを守る事、そして表情筋を鍛える事が有効です。

1日3分!ハンドマッサージで顔のたるみ対策!

気になる顔のたるみは、ハンドマッサージで改善することができます。
たった3分でできるので、スキンケアの時間に気軽に行うことができます。

顔のたるみを解消するためには、皮膚を持ち上げるようにマッサージしていくことがポイントです。

最初に目の回りです。
まぶたに指の腹を優しく沿わせてこめかみまでマッサージします。
そして目の下は骨に沿ってマッサージし、目尻をあげるようにこめかみまで指をすべらせます。

次に頬です。口の横の部分に手を当て、耳の横まで頬を持ち上げるようにマッサージします。
口の口角、そして法令線を上へ伸ばすように意識しましょう。

最後にあごです。指でピースサインを作り、あごから耳の下まで2本の指を沿わせてマッサージをします。
これを毎日行うことで顔のたるみを改善していくことができます。

リンパ液も流れやすくなるため、むくみにも効果的です。
お風呂上がりや朝のスキンケアの時間に習慣として取り入れると続けやすいです。