顔のたるみを解消するために効果的な食べ物はコラーゲンを
含むものです。

コラーゲンはコスメなどに良く含まれている成分ですが、
実は分子が大きい成分のため経皮吸収されにくいという
特徴があるのです。

そのため食べることで体の中から吸収して補うのが
たるみ予防に効果的なのです。

食べたコラーゲンは体の中で一度アミノ酸まで分解され
それから、体中の必要な箇所に運ばれます。

コラーゲンを摂取することで真皮層に成分が届き、
弾力アップすることで顔のたるみをケアすることが
できるのです。

弾力

コラーゲンが含まれる食品として有名なのが
フカヒレやすっぽんです。

これらの食品には大変多くのコラーゲンが含まれて
いますが高価な食材のため毎日食べることは
難しいと言えるでしょう。

日常的に食べることができるコラーゲン豊富な
食品が鶏がらです。

鶏がらで取ったスープは大変多くのコラーゲンを
含んでいますので顔のたるみ解消に効果的です。

コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取すると吸収が
アップするので、フルーツなどを食べるのもおすすめです。

ビタミン摂取

どうしても直したい顔のたるみを治療するなら

仙台でとても有名な顔のたるみ治療 シワの改善 – ソララクリニック仙台 美容皮膚科
とくにウルセラによるタルミ治療はじめたるみ治療全般に定評があります。

世界で初ウルセラは、アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)に認証されました。

医薬品および動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器、国内の食糧供給、化粧品、そして電磁波を放出するような製品の安全性と有効性を保証することによって国民の健康を守ることが、FDAの責務である。加えて、医薬品や食品をより効果的に、安全に、そしてより安価にするための技術革新を加速させることによって国民の健康を増進すること、そして国民が自らの健康を増進するために必要な医薬品や食料に関する正しい、科学に立脚した情報を国民に与えることもまた、FDAの責務である。※FDA公式サイトより和訳

ウルセラは、2004年にアメリカ合衆国のウルセラ社で開発され、医療機関や大学で臨床試験が行なわれました。その中でも信頼性のあるハーバードメディカルスクール、マサチューセッツ総合病院など有名な機関もウルセラの臨床実験に携わり、有効性や安全性を立証されました。

高密度焦点式超音波(HIFU:High Intensity Focused Ultrasound)を応用することで、これまでのアプローチでは難しかったSMAS筋層まで確実に熱エネルギーを届け、メスを使わないリフトアップ治療を確立しました。

美容成分でおなじみ!コラーゲンの誕生と研究の歩み

コラーゲンは数ある美容成分の中でも人気が高い成分です。
コラーゲン繊維が電子顕微鏡で観察できるようになったのが1940年代で、世界各国で
研究が進むようになります。

1948年にはコラーゲン模様の発見があり、1960年1月に水に溶けないと言われていた
コラーゲンが完全に溶けることがわかります。コラーゲンを溶かす方法は特許を取り、
大きな注目を集めます。

その後は医薬や医療、化粧品業界などでコラーゲンが取り入れられるようになります。
健康補助食品でも人気を集め、毎日の生活でコラーゲンを摂取する人が増えます。

酵素を用いることで研究者がコラーゲンを溶かすことができた1月26日は、
コラーゲンの日として認定されています。

1962年には再生コラーゲン線維の開発が始まり、1965年には動物由来の
コラーゲン分解酵素が発見されます。現在では様々なコラーゲン製品が販売され
スーパーやドラッグストア、ネットショップで購入することができます。

加齢によりコラーゲンは徐々に減っていきますが、毎日の生活で取り入れて
いけば肌の弾力やハリを守ることが可能です。

コラーゲンが配合された化粧品を使うことで若々しい肌を維持し、コラーゲンが
配合されたドリンクや健康食品を摂取することで健康を守ることができます。