顔のたるみは印象形成に大きく関わる部分です

顔は、日常生活の中で他人から最もよくみられやすいパーツといえます。
その顔はきれいであればよいのですが、顔のたるみができてしまうと
見た目が崩れてしまいいい印象を与えません。

また、たるんでしまった顔は老けて見えてしまいます。
どうしてたるみができると老けて見えてしまうのかというと、
たるみができる理由として重力により皮ふが下にのびて
たるんだ状態になることで顔が縦長の状態になります。

一般的に幼く見える顔は、顔の縦幅が短い特徴を持ちます。小顔でいることは、若々しさを保つ証明といえるものです。しかし、たるみにより縦長の顔になると見た目が老けてみえるので損をすることが多いです。

こうした顔のたるみは、加齢によって少しずつできてきます。
しかし、それだけではなく肌の真皮とよばれる部分のたんぱく質が
紫外線や加齢などの要素によって劣化したり、あるいは真皮より
さらに下の部分にある皮下組織の脂肪が肥大化してしまうことで
たるみがより加速してしまいます。

ですので、顔のたるみがなるべくできないように
日ごろからフェイスケアをしたり、あるいは規則正しい生活を送ることで
予防しなければなりません。

このように顔のたるみは、印象形成に大きく関わる部分といえますので
見た目をできるだけ良くしましょう。

口角を上げる

顔のたるみをなくし第一印象を良くするための方法とは

顔のたるみをなくして第一印象を良くするには、
口角アップをする方法が挙げられます。

口角は、上唇と下唇がくっついている部分をであり口の両脇の部分です。

口角は美を保つのに重要なパーツであり、口角が上がっている状態だと
笑顔にしやすく他の人から見て明るい印象を持ってもらえます。

ですので、印象を改善するのであれば口角をアップしておくと良いというわけです。

そうすれば、顔のたるみができていたとしても
笑顔のほうに目がいき良い印象を与えることが可能です。

逆に、この部分が下がってしまうとへの字口と呼ばれる状態になります。
それだと不機嫌そうに見えたり顔のたるみが余計に目立つことになるなど
良くありませんので、日常生活の中で口角を上げることは意識しておきましょう。

口角を上げるためには、簡単なトレーニングをしておくと良いです。

例えば、割り箸などの長いものを口にくわえ、3分くらい口を「い」を発音するときの形にしてそのままの状態を保つというものがあります。

このトレーニングは最初のうちは痛みや辛さを感じる人がいます。
その場合は口角を上げる筋肉の働きが弱っている可能性があります。

3分が長いのであれば最初は30秒くらいを目安にして徐々に増やしておきましょう。
トレーニングを頻繁に行うと慣れていき、そうすれば自然に口角アップができるようになります。

顔の筋肉を鍛える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)