顔のたるみは印象形成に大きく関わる部分です

顔は、日常生活の中で他人から最もよくみられやすいパーツといえます。
その顔はきれいであればよいのですが、顔のたるみができてしまうと
見た目が崩れてしまいいい印象を与えません。

また、たるんでしまった顔は老けて見えてしまいます。
どうしてたるみができると老けて見えてしまうのかというと、
たるみができる理由として重力により皮ふが下にのびて
たるんだ状態になることで顔が縦長の状態になります。

一般的に幼く見える顔は、顔の縦幅が短い特徴を持ちます。小顔でいることは、若々しさを保つ証明といえるものです。しかし、たるみにより縦長の顔になると見た目が老けてみえるので損をすることが多いです。

こうした顔のたるみは、加齢によって少しずつできてきます。
しかし、それだけではなく肌の真皮とよばれる部分のたんぱく質が
紫外線や加齢などの要素によって劣化したり、あるいは真皮より
さらに下の部分にある皮下組織の脂肪が肥大化してしまうことで
たるみがより加速してしまいます。

ですので、顔のたるみがなるべくできないように
日ごろからフェイスケアをしたり、あるいは規則正しい生活を送ることで
予防しなければなりません。

このように顔のたるみは、印象形成に大きく関わる部分といえますので
見た目をできるだけ良くしましょう。

口角を上げる

顔のたるみをなくし第一印象を良くするための方法とは

顔のたるみをなくして第一印象を良くするには、
口角アップをする方法が挙げられます。

口角は、上唇と下唇がくっついている部分をであり口の両脇の部分です。

口角は美を保つのに重要なパーツであり、口角が上がっている状態だと
笑顔にしやすく他の人から見て明るい印象を持ってもらえます。

ですので、印象を改善するのであれば口角をアップしておくと良いというわけです。

そうすれば、顔のたるみができていたとしても
笑顔のほうに目がいき良い印象を与えることが可能です。

逆に、この部分が下がってしまうとへの字口と呼ばれる状態になります。
それだと不機嫌そうに見えたり顔のたるみが余計に目立つことになるなど
良くありませんので、日常生活の中で口角を上げることは意識しておきましょう。

口角を上げるためには、簡単なトレーニングをしておくと良いです。

例えば、割り箸などの長いものを口にくわえ、3分くらい口を「い」を発音するときの形にしてそのままの状態を保つというものがあります。

このトレーニングは最初のうちは痛みや辛さを感じる人がいます。
その場合は口角を上げる筋肉の働きが弱っている可能性があります。

3分が長いのであれば最初は30秒くらいを目安にして徐々に増やしておきましょう。
トレーニングを頻繁に行うと慣れていき、そうすれば自然に口角アップができるようになります。

顔の筋肉を鍛える


お腹だけではなく顔のたるみの原因でもあるコロナ太り

新型コロナウィルス感染症の世界的な拡大で、外出を控える生活スタイルがすっかり定着してしまいました。
しかし、感染しないためには家にいることが大切なのは分かりますが、どうしても運動不足になってしまうことは否めません。

摂取カロリーを控えても家の中では必然的に運動量が少なくなってしまいますので、日頃からダイエットを心がけている人以外ではコロナ太りで体重の増加や顔のたるみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

コロナ太り

顔のたるみは体重が増加したことにより顔周りに脂肪が付くことに加え、マスクを日常的にすることにより口周りの筋肉が衰えてしまうことが大きな要因です。
マスクをしているとどうしても無表情になってしまうので、口角が下がってしまうので
よりたるみを加速させてしまう他、血行不良による老廃物の蓄積や塩分の取りすぎによるむくみ、加齢によるフェイスラインの崩れなどさまざまです。

顔にはおよそ60種類もの筋肉がありますが、日常生活で使えているのはその中のわずか20パーセント程度と言われおり、更にコロナで使わなくなってしまっているのでたるみを加速させています。

マスクをしていてもなるべく筋肉を動かすようにして、顔のたるみを最小限に抑えるようにすることが大切です。

顔のたるみをケアするために口輪筋を動かそう

顔のたるみを解消するには表情筋を動かすことが大切と言われていますが、表情筋は顔に存在する筋肉を総称するもので、顔のどこに筋肉があるのか意識しにくいため多くの人が顔の運動不足になっています。

およそ60個ある表情筋の中で、顔のたるみを防ぎ若々しいフェイスラインを作るには、口の周りを輪のように囲んでいる「口輪筋」を鍛えるのが効果的です。

主に口を開けたり閉じたりするときにつかう筋肉ですが、これが衰えてしまうと口元のシワやたるみを作ってしまい実年齢よりも老けて見える原因となります。

表情筋の衰えが気になる

口輪筋を鍛えるには、「あ」と「お」の口を作るエクササイズがおすすめです。
まず、口を縦に開けて「あ」の形の口を作りますが、このときに目尻と唇周辺の筋肉が縦に引っ張られていることを意識するように行います。

つぎに「あ」の口のまま唇を前に突き出すようにして、息を吐きながら「お」の口を作ります。
唇を前に突き出すことで、頬が横へ引っ張られていることを感じながら行いましょう。

これをセットで10回、一日に5回程度行うと効果的です。
この顔のたるみ防止エクササイズはテレビを見ながらやお風呂に入りながら簡単にできますので、毎日欠かさずに行うことが大切です。


1日3分!ハンドマッサージで顔のたるみ対策!

顔のたるみ

気になる顔のたるみは、ハンドマッサージで改善することができます。
たった3分でできるので、スキンケアの時間に気軽に行うことができます。

顔のたるみを解消するためには、皮膚を持ち上げるように
マッサージしていくことがポイントです。

最初に目の回りです。
まぶたに指の腹を優しく沿わせてこめかみまでマッサージします。

そして目の下は骨に沿ってマッサージし、
目尻をあげるようにこめかみまで指をすべらせます。

次に頬です。口の横の部分に手を当て、耳の横まで
頬を持ち上げるようにマッサージします。

口の口角、そして法令線を上へ伸ばすように意識しましょう。

ハンドマッサージ

最後にあごです。
指でピースサインを作り、あごから耳の下まで2本の指を沿わせて
マッサージをします。

これを毎日行うことで顔のたるみを改善していくことができます。
リンパ液も流れやすくなるため、むくみにも効果的です。

お風呂上がりや朝のスキンケアの時間に習慣として取り入れると
続けやすいです。

ゴットハンドと呼ばれた田中宥久子|カリスマ美容家のマッサージの魅力

田中 宥久子は、世界中のセレブたちの間で絶大な注目と信頼を寄せられています。
女性の美しさを最大限に引き出すための造顔マッサージは、驚くほど高い効果を発揮して
若々しいハリのある素肌に導いているのです。

2003年に彼女が立ち上げた化粧品ブランドの『SUQQU』は、幅広い年齢層の女性たち
から熱狂的な支持を得ていました。その後、2006年に独立をしてオリジナルの美容理論を
提唱したのです。

顔の筋肉が衰えることで老けて見えることに着目して、自分の手で効果的なハンド
マッサージサービスを提供しています。実際に施術を受けた人々の口コミによる評価は
非常に高く、リフトアップ効果を大いに期待できると喜ばれているのです。

その後はリピーターとなる利用者が多く、頼りになるサービスとして親しまれています。

アルコールを飲んだ後や疲れがたまって寝不足で困っている人のために、きめ細やかな
ハンドマッサージを行うことによってリンパの流れをスムーズにしてむくみの解消にも
役立っているのです。

このように、田中 宥久子は美容のカリスマとしてあらゆる年代の女性たちから
ゴッドハンドと呼ばれているといえます。肌に美しいツヤを与えてくれる心強い味方です。


ブルドッグにはなりたくない!顔のたるみを防ぐためには

顔のたるみが深刻化すると、ブルドッグのような状態になって
しまう事があります。

この状態になる事を予防する為に重要になってくるのが
顔のたるみを防ぐ事です。

たるみを改善したい、予防したいと考えた場合、肌の中の
コラーゲンを守る事、表情筋を鍛える事が有効です。

紫外線

肌の中のコラーゲンは加齢によって減少するだけでなく、
紫外線によっても破壊されていく為、外出時は日焼け止めを
塗る等、紫外線対策をしておく事が大切です。

更に、表情筋が衰えてきた場合も顔はたるみやすくなります。

表情筋を鍛える為には、あいうえおを一文字ずつ、
顔全体の筋肉を使いながらはっきりと発音していく、
もしくは歯の表面を舌でなぞるようにしていく舌回し等の
フェイスエクササイズが有効になります。
日焼け止め
フェイスエクササイズはとても手軽に行えるので、
毎日続けていく事で、表情筋を鍛え、顔がたるみにくい
状態を作っていく事が出来ます。

顔のたるみの予防と改善にはコラーゲンを守る事、
そして表情筋を鍛える事が有効です。

 

顔の美人比に近づける!?モダイオラスを刺激するマッサージ

美人の顔には共通した比率である「美人比」があります。鼻下からあごまでの距離が
眉から鼻下までの距離よりやや短いのが理想の比率です。

この比率に大きな影響を与えるのが、「モダイオラス」というえくぼができる位置に
ある顔の筋肉が集まるポイントです。加齢によってこの部分の筋肉が硬くなると、
皮膚と一緒に下がってきてしまいます。

それによって「たるみ」が出てきて、理想の比率が崩れ美人比が失われてしまうのです。
これを防ぐにはモダイオラスをマッサージして刺激することが効果的です。

1日1分のマッサージでも大きな効果があるようです。

顔のたるみは深刻化する前に防ぐことが重要です。顔のたるみを予防するには、
コラーゲンを守ること・表情筋を鍛えること・モダイオラスを刺激することが有効です。

コラーゲンを守るためには、破壊されないために紫外線対策をしておくことが重要です。
表情筋を鍛えるためには、顔全体の筋肉を使ったフェイスエクササイズが有効になります。
モダイオラスを刺激するには、ポイント部分をしっかり抑えた上でマッサージをすることです。

全て毎日の積み重ねが大切になります。
たるみの深刻化を防ぐには、日々少しずつ予防に取り組むことが必要です。


10代、20代なのに顔のたるみが…原因は一体何?

10代、20代と言えば肌がつやつやとし、ハリも十分にある年代です。
アンチエイジングという言葉とは無縁に思われる世代ですが、
顔のたるみが気になる人が増えているようです。

実際、10代、20代の顔のたるみは老化が原因ではなく、
「スマホたるみ」という言葉があるように、スマホが原因です。
スマホを使っている時、どんな姿勢になっているか
意識したことがあるでしょうか。

多くの人はスマホを使用している時は、首が前に傾き、
座っている場合は背中も丸くなっています。

首が前に傾くと、顔の下の部分に負担がかかり、全体的に
皮膚が下に引っ張られて垂れ下がったような状態になります。

このような状態が長く続けば、顔のたるみにつながることは明らかです。

悩み

また、スマホを触ったり見たりしている間は、顔の筋肉が
動いていないので、顔の筋肉が凝り固まり、肌の弾力や
ツヤが失われる原因となります。

さらに、目にも負担がかかるので、目元を乾燥させ、
たるみを引き起こします。

ですので、対策としては、スマホを使っている時に、
時々自分の体に意識を向けることです。

姿勢が悪くなっていないか、顔が凝り固まっていないかなどを
チェックすることで、顔のたるみにつながる要因を改善する
ことができます。

また、オイルやクリームを塗り顔をマッサージすると、
すでにたるんでしまった肌にも効果があるでしょう。

 

スマホ普及の弊害!?増えるスマホたるみ

携帯電話の普及は90年台の後半ごろから始まり、やがて主役はガラケーからスマホへと
変わっていきました。スマホの普及率は2012年の時点で3割にも届かないくらいでしたが、
2018年では8割近くまで増えており、生活になくてはならないアイテムとなっています。

それはSNSで友人や知人と常にやり取りが出来るようになったことや、時間が空いている
ときには音楽や動画を楽しむことが出来ること、そしてビジネスにも書類の作成や
スケジュールの管理などでスマホが使われているからです。

1日のうちにどれだけスマホを操作しているのかという調査では、10代では10時間以上と
答えた人が16%もいて、それに続く20代、30代も数時間以上の操作をする人がかなりの
割合でいます。傾向としては若い世代ほどスマホを長時間使用するという結果になって
いるわけで、生活が便利になる一方でスマホたるみという落とし穴もあります。

暇さえあれば猫背の状態でスマホを操作していたり、瞬きもせずに画面を見ていることで
重力の影響や血行不良のためにたるみが増えていくのです。

これをなんとかしたいのであれば、スマホを使う時間を抑えたり、正しい姿勢を
心がけることが必要です。